医療脱毛の仕組み

脱毛サロンでのお手入れよりも少ない施術回数ですむことが特徴のひとつである医療脱毛。 医療脱毛の仕組みを簡単に説明すると、強いレーザーの光でムダ毛を焼き切って生えてこないようにすることです。 詳しく説明すると、まず毛穴から伸びている毛の部分を剃っておき、毛穴に残っている毛根にレーザーを照射して組織を破壊します。 この時毛根のメラニンにレーザーが反応することで熱が発生するのです。

毛根が破壊されればその後自然に毛が抜け落ちてその毛穴は脱毛完了となります。 しかしレーザーを照射した時全ての毛穴で毛が生えているわけではなく、黒い毛の生えていない休止期になっている毛孔もあるのです。 するとレーザーをあてても反応せず焼き切ることはできないので、休止期を終えて黒い毛が生えてから再びレーザーをあてる必要があります。

そのため医療脱毛で脱毛完了をするには一定期間をおいて何度か施術を重ねることが不可欠です。 個人差はありますが、だいたい5〜6回の照射で脱毛完了することが多くなっています。 メラニンのある黒い部分に反応することから、肌の黒ずみも焼かれるのではないかとイメージしがちですが、 医療脱毛では肌の黒ずみへの反応は弱くなっているために安全にムダ毛のお手入れができるのです。


黒ずみも医療脱毛可能?

顔や体のムダ毛が気になると、自分で剃ったり抜いたり

詳しくみる…

黒ずんだ肌もキレイに

ムダ毛のお手入れをしたい部分が必ずしも

詳しくみる…

Main Menu

Sub Menu