黒ずみも医療脱毛可能?

顔や体のムダ毛が気になると、自分で剃ったり抜いたりしてとりあえずお手入れするという人も少なくないでしょう。 しかしそのために肌あれや黒ずみを招いてしまうことも。 肌が傷ついてしまうと治療やケアに時間がかかってしまい、黒ずみもできてしまうとなかなか簡単にはキレイにできないものです。 肌の黒ずみができる原因は色素沈着で、メラニンが生成されることで起こります。 メラニン生成のきっかけは刺激であり、自分でムダ毛のお手入れをした時カミソリや毛抜きが刺激を作り出しているのです。

それにデリケートゾーンはメラニン生成が盛んなため黒ずみができやすい場所でもあります。 それから黒ずみといえば、膝やひじにも起こりがちですが、この場合は膝をついたり衣服との摩擦が起きたりすることで生じます。 肌を出す季節になると特に気になってしまう部分のひとつでしょう。 しかし、肌にはムダ毛か黒ずみのどちらかだけが起きているとは限らず、両方ともに悩まされることもあります。 しかし、ムダ毛の黒色に反応してお手入れをする仕組みの医療脱毛では黒ずみのある部分には照射できないと思ってしまうこともあるでしょう。

実は、黒ずみのある肌にも医療脱毛の施術をすることが可能です。 当サイトでは黒ずみのある肌にも医療脱毛ができるのか、黒ずみのケアになるのかについて解説します。 気になる肌の黒ずみケアや黒ずみのある肌のムダ毛のお手入れについて少しでも参考になれば幸いです。



■関連情報
東京の医療脱毛を探している方には定期的にキャンペーンを実施しているクリニックでいいかもしれません >>> 医療脱毛

医療脱毛の仕組み

脱毛サロンでのお手入れよりも少ない施術回数で

詳しくみる…

黒ずんだ肌もキレイに

ムダ毛のお手入れをしたい部分が必ずしも

詳しくみる…

Main Menu

Sub Menu